消費者金融が恐れる司法書士事務所とは?

2012年11月04日

過払い金請求のデメリット


過払い金請求のデメリットで一番大きなものは、

自分で行う場合の「労力と時間」です(汗


単純に知識が必要です。
なので司法書士や弁護士が活躍します。


ちなみに、
過払い金請求は、債務整理と性質が似ています。


@現在進行形で返済中の方が請求する場合
⇒ ほぼ間違いなく信用情報機関に記載されます。

まず金利の引きなおしをして実際の借金額を計算します。
そのうえで現在利用中の金額を返したとしても、
払いすぎの状態であることが明らかになるとお金を戻してもらう請求ができるんです。

このような流れは、過払い金請求が目的であったとしても、
実質任意整理を行ったのと同じことになります。


A完済した人が請求する場合
⇒ 信用情報機関に記載される場合があります。

貸金業者が過払い金の請求を債務整理ととらえていたりするので、
黙っていると多くの場合は記載されることが考えられます。

記載されても、普通の生活を送るにはなんら問題はないのです♪
ただ、新しいクレジットカードを作りたかったり、
ローンを組みたいという場合に支障が出る可能性があります。

そういうことを避けたい人は、
信用情報に記載された事項を消してもらう請求もできます。

あまりその点にとらわれず、
本来の生活のためにはどうすべきかと判断することが重要かなとは思います。


以上を踏まえて、過払い金請求をしたい方は、
個人的に、杉山事務所への相談をおすすめします!

なぜなら杉山事務所は、
「過払い金返還金額日本一」
なんです(・∀・)b


無料相談できるので、公式サイトから確認してみてくださいね♪

⇒ 司法書士法人杉山事務所



posted by 過払い at 17:19| Comment(0) | 過払い金請求のデメリット
過払い」の先頭へ